映画「風立ちぬ」感想2013/09/03 22:00:45

「創造的人生の持ち時間は10年間」
ならば、その10年間が不幸な時代に被ってしまった者はどう生きればいいのか。
これは、
幸福な時代、不幸な時代、人が生きて行く時代は誰も選ぶことが出来ない。その中で人はどう生きてゆくべきか、という問いに転じる。
だから、おそらく宮崎監督が己の姿を託した堀越二郎の物語は、私のような凡人にも我が身を映して観ることが出来る。

自分の夢、求めることを為そうとした時、不幸な形でしかそれを実現出来ないとしたらどうすればいいのか。
そんな気紛れで歪んだ時代の中で人の為せる事は、所詮、矛盾だらけで、出来ることは僅かでしかない。
それでも、だからこそ、人に出来ることは、精一杯、悩みに悩みながら、生きること。
人は、そうして生きねばならない。

あの時代、堀越二郎が空を飛行機を作りたいという夢を実現しようとすれば、戦闘機を作るしか無かった。
彼は飛行機(戦闘機)を作ることに全てを掛けた。だが、戦闘機を作る意味を思い、それを断念する道もあった筈だ。軽井沢で出会ったドイツ人のような生き方も。
どの道を選ぶにせよ、命がけでもがいて道を選び、行くしかない。
どの道を選んでも、仲間がいて敵がいて、苦しみがあり、若干の喜びがある。

彼に葛藤は無かったのだろうか。
ただただ、より飛ぶことを目指して、そんなことは頭にも無かったのだろうか。
だが少なくとも、宮崎監督はそう思ってはいない。
「最後にメチャメチャになっちゃった」とラスト近くで堀越自身が言っているのは勿論だが、
それまでにも、彼自身も特高に追われ、軽井沢で隣り合わせたドイツ人のセリフに異を唱えることなく聴いている。
「ここ(軽井沢)はいい。全て忘れることが出来る。中国と戦争を始めたこと、満州国を作ったこと、国際連盟を脱退したこと、……」

このセリフを解するなら、ゼロ戦の意味を分からない訳が無い。
だが、今の若い人たちにそこまで解しろというのは難しい。(それ自体、問題なのだが)
宮崎監督は、これで当然分かる筈、と思っていたのかもしれない。或いは、敢えて、そこまでの説明をしなかったのかもしれない。

戦闘機マニアで戦争には絶対反対の宮崎監督作品の多くに描かれる戦闘機のシーンは、空を飛ぶ軽やかさや躍動感に充ち、私たちを魅了する。そして、そこから私たちが感じ取るのは、決して戦争を支持したり自然を犯すことを赦す思想ではい。
宮崎アニメが大きな人気を博してきた頃には、子供はアニメなど見ずに外へ出て遊ぶべきだ、とも言っている。
自らが抱えているのと同種の悩みを、堀越二郎はその何倍もの重さで抱えていたのだ、と、宮崎監督は考えている筈だ。

この映画を以て、ゼロ戦作りを描いているから(先の戦争を支持しているから)と批判するのは当を得ていない。また、中国や韓国に対して毅然とした態度を取るべきだ、と言うような人たちがこの映画を支持したり誉めているとすれば、大きな勘違いをしていると言うべきだ。

冒頭の夢のシーンで飛行機が屋根から飛び立つシーンの躍動感。
夏の日差し、雪のちらつく冬景色、高原病院のある、早朝の富士山のふもとの凛とした風景など、その季節季節の空気感をしっかりと伝えてくるカット。
関東大震災で街が壊され燃えて行くダイナミックさ、スケールの大きさと、その中を逃げ惑う人々の小ささ。
線路沿いに行く人々を蒸気機関車が蹴散らして行くシーンでの鮮やかなカットの積み重ね。
これらの多くはアニメならではのものと思うが、それでも、どうして実写映画の中でこういう感動を得ることが出来ないのか、と思う。
これらだけでも、この映画は素晴らしい。

奈穂子が高原病院を抜け出して二郎の元へ駆けつけるシーンは、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」で廉姫が城内から戦場へと駆け抜けて行くシーンを思い出し感動した。
ただ、彼女が、「きれいな所だけ二郎に見せるために」病院へと帰って行くエピソードは、感動的だがきれい過ぎる気もするのだがどうなのだろう。堀辰雄の「風立ちぬ」からのエピソードなのだろうか。

エンジン音などの擬音を人の声でやるというのは、大林宣彦監督と言い、巨匠と呼ばれるような人たちだからこそ、実験精神が旺盛なのだな、と思った。
エンジン音や空気を切る音、地震の地鳴りなど、暖かく感じられて驚いた。ただ、宣伝番組のせいで事前に人の声でやることを知っていたため変に意識してしまった。こんなことを知らなければ、もっと素直に感動していたような気がする。

最後にひとつだけ言うなら。
「風立ちぬ」。タイトルのこの一節の次の言葉こそが、この映画のテーマだ。

スタジオ・ジブリの小冊子『熱風』、「憲法改正」特集号を無料PDFで公開2013/07/19 23:19:26

明日から『風立ちぬ』公開の
スタジオ・ジブリの小冊子『熱風』7月号で「憲法改正」を特集したところ、取扱店で売切れが続出したため、
PDF化してサイト上で無料公開したそうです。

期間限定のため今すぐ!
これを読んで選挙に行こう。

http://www.ghibli.jp/10info/009354.html

映画「リンカーン」と憲法96条改定問題2013/05/07 00:09:52

スティーブン・スピルバーグ監督の「リンカーン」は、南北戦争、奴隷制度廃止について、その内実の一旦、歴史の裏側を見せてくれます。
しかも、それを、アカデミー賞を受賞したダニエル・デイ・ルイスだけでなく、トミー・リー・ジョーンズ、サリー・フィールド、デヴィッド・ストラザーンらの名演技で堪能出来るという、傑作です。

南北戦争、奴隷制度廃止という大きなドラマと、リンカーンの家族とのドラマとを、ちゃんと目配せを効かせて描くという、日本映画の大作が苦手なところも、しっかりなされています。

しかも、この映画、それだけではありません。

今、この国で大きな問題なっており、夏の参議院選挙で争点となる、憲法96条改定問題に深く示唆する内容となっているのです。

安部自民党や維新の会は、96条が規定する、両議院での3分の2というハードルが高いせいで、改憲が出来ないと言っています。

アメリカ合衆国憲法も、日本国憲法と同じく両議院の3分の2を改憲発議の要件としています。

けれどアメリカはこれまで何度も改憲をやってきました。
その大きな一つが奴隷制度の廃止で、この映画で描かれている中心の話がまさしく、その改憲発議をするために3分の2の議員数をいかにして集めるか、ということなのです。

そのためにリンカーンがどれほどの情熱を以って当たったか。回りの人間を説得し、共和、民主両党の反対勢力と交渉したか。
決して綺麗ごとだけではなかったことも映画には描かれています。

しかしリンカーンは自らの信念に基づいて、時には仲間を騙してまでも事に当たりました。一番大事なことは奴隷制度を廃止すること。それを実現する為に、死に物狂いでやったのです。

しかし、だからと言って彼は、3分の2の賛成が必要というルールを変えようとはしませんでした。
憲法の改正要件は、国民が定めた、憲法の根幹を成すルールだからです。

9条を変えたいのか、道州制を入れたいのか、何をしたいのかを問わず、自分たちのやりたいことを実現しやすいように、まずはルールを変えようなどと言う行為がいかに恥知らずなものか。
この映画を観れば、よく分かります。

96条を変えろと言っている人たちには、この映画を観て、己の姿を顧みろ、と言いたいです。
そして夏の参議院選挙の前に、一人でも多く人に、この映画を観て貰いたいと思います。

因みに、両議院での発議の後、日本国憲法では国民投票で過半数の賛成が必要となっています。
アメリカ合衆国憲法では国民投票はありませんが、代わりに、全州の4分の3の州での批准が必要とされています。

日本国憲法に負けず劣らず「高いハードル」です。
それでもアメリカは憲法改正を行ってきています。
そのためには広く深く、何度にも亘って議論がなされてきたでしょう。
安倍首相は「憲法を国民の手に取り戻す」などと言っていますが、憲法改定に対して、そうやって議論を積み重ねてゆくことこそが、「憲法を国民の手に」ということではないでしょうか。

私たちが思い出すべきこと。2013/04/06 21:49:05

朝日新聞(4/4) より

 「日本人は、過去の戦争を通じて、戦争に参加することが何を意味するか分かっていると思う。忘れているのなら、思い出して議論すべきだ。そうすれば、政治に対して責任ある行動を取れると思う」

========================

(インタビュー)なぜ戦いに行くのか 映画「アルマジロ」の監督、ヤヌス・メッツさん

(以下、抜粋。興味を持った方は図書館等で記事を読んで見て下さい)

※映画「アルマジロ」は、アフガニスタンで治安維持にあたるデンマーク軍兵士を追ったドキュメンタリー映画。

 「デンマークは、第2次世界大戦でドイツと戦わずに占領を許した恥ずかしい過去がある。だから、どこかの国で市民を苦しめる為政者がいたら、自分たちが解放し、平和を築こうと考える。自由と人権といったデンマーク人が信じる価値を守るために立ち上がることが重要だ、と。」

 「9・11テロは、デンマークにとってもひとごとではなかった。中東からの移民を多く受け入れているからだ。テロリストにコペンハーゲンの中央駅が爆破されるかもしれないという恐怖が広がった」

 「『戦争へのよき協力者』となってテロと戦い、世界から悪を排除する。アフガンの人々を解放し、民主的な国を作るためだと考えた」

 「テロリストと戦えば世界はよくなるというのは、ウブな考えだった。むしろまったく逆効果だった。私たちがテロリストだ、国際犯罪者だと見ている国や人々は、自らを自由に向かって戦う戦士だと思っている。テロとの戦いが新たなテロリストを生んでいる。9・11当時より今の方が、中央駅が爆破される危険性は高いだろう」

 「ほとんどの国民はアフガンで兵士が何をしているのか知らない。私は戦争の本質を描き、観客が自らを実際に戦っている自国の若者に重ねてほしかった」

 「国民はショックを受けた。戦争とは何かを知ってるつもりでも、実際に銃を口に入れられて初めて金属の味が舌にしみるようなものだ」

 「文明国デンマークの若者が、粗暴で残虐で野蛮な兵士になってアフガンで人を殺している。市民は戦闘によって家族を失い、家を壊され、家畜を殺され、畑を荒らされた。自由で民主的な国を作るはずの軍隊が市民の生活を悪く変えている。デンマーク国民は映画を通じて『よきこと』と信じていた国際貢献の現実を見たんだ」

 「国民も考え始めた。これが私が望んでいた状況だった。『洗練された国際貢献』が12年経ってもよい方向に導けず、アフガンは過酷な国であり続けているということを私たちは理解した」

 「デンマークは少しずつだが変わり始めている。政府は、もう何の議論もなく、自動的に軍隊を海外に派遣することはできないだろう」

 「米国は、テロリストと戦うことで自国の安全を守ろうと考えた。デンマークは、抑圧された弱き市民を助けたい思いが強かった。しかし名目はどうであれ、よりよい世界を作るための軍事行動が逆に市民を苦しめ、新たな敵意、テロリストを生み出している」

 「日本人は、過去の戦争を通じて、戦争に参加することが何を意味するか分かっていると思う。忘れているのなら、思い出して議論すべきだ。そうすれば、政治に対して責任ある行動を取れると思う」

映画「レ・ミゼラブル」2013/02/12 01:57:13

参りました。映画でこんなに泣いてしまったのは久しぶり。

社会格差と貧困、それを許す社会の悲惨さ、非人間性がドラマの根底になっていますが、それは決して200年前の異国の物語でないことは「ふがいない僕は空を見る」を観ても分かります。そのことを忘れて、ただこの映画を観て感動していてもダメなのだと思いました。

この映画の中で、フランス革命の中で死んで行った多くの若者たちが描かれていますが、それを観ながら、私の頭の中には日本国憲法の次の条文が思い浮かんでいました。
『この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練(しれん)に堪(た)へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。』
この条文は日本国憲法の【第3章 国民の権利及び義務】に書かれているのではなく、【第10章 最高法規】の章に書かれています。これは、何故この憲法を、この憲法が定める基本的人権を最高法規とすべきなのか、を示しているものだと思います。

ともあれ、泣いてしまったのは勿論、そういうところではないのですが(笑)、冒頭のダイナミックなシーンから描かれて行くのは社会の最下層の中で屈辱にうちひしがれ、自由を求める人々の姿。そして、そこから自由を得たバルジャンが、生きてきて初めて与えられた愛と寛容により生まれ変わり、人々に自らそれを与えるようになってゆく姿です。
彼がそこまでになるには、多大な努力と苦労があったに違いありません。しかし、幸いにも彼には、それが自らの力のみによるのではないことが分かっていました。あの牧師に出会えた幸運、そして彼に示された愛と寛容があったからこそだということが。
だから、彼は、今度は自らがそれを示そうとしたのです。

現代だって同じ筈です。社会的・経済的な成功が、当人たちによる人並み外れた努力の結果であることは違いないでしょう。しかしその成功は、幾つかの幸運や、多くの低賃金労働で成り立っている社会の恩恵の上に成り立っていることも間違いない筈です。
そのことに気付かない(或いは気付かない振りをしている)人たちが、貧困は怠惰によるものだと言い、社会格差を当然のこととし、自ら得たものは自分の力によるものだと社会への還元を拒否しています。
そのありようは、「レ・ミゼラブル」で描かれている社会と基本的に変わりません。

ともあれ(笑)、そういう貧困と屈辱、その中で必死に愛と寛容の精神を貫こうとし、ファンテーヌを、コゼットを護ろうとしたバルジャンの思いが、ラスト・シーンで漸く報われる。そのことに涙してしまう訳ですが、それで全てが報われた訳では勿論ありません。
革命の中で死んで行った人たちが勝利の歌声をあげるのは、この映画の中ではまだ、夢の中なのです。
その歌声を現実の中で上げることを、「レ・ミゼラブル」は、1862年に上梓されて以来、舞台に、ドラマに、ミュージカルに映画になりながら、願い続けているのだと思います。

ただ、この映画の中で、ファンテーヌが死んでしまうのは積み重なった苦痛と疲労の故、ということは納得出来ますが、バルジャンが死んでしまうのはちょっと唐突な気がしました。何かもう少し描写があると良かったです。(そこで泣いてしまったのは確かですけど!)

「レ・ミゼラブル」の映画化はこれまでにも何度かされているのでしょうが、1997年に制作されたビレ・アウグスト監督、ラファエル・イグレシアス脚本の映画も、こちらはミュージカルではありませんが傑作です。バルジャンをリーアム・ニーソン、ジャベールをジェフリー・ラッシュ、ファンテーヌをユマ・サーマン、コゼットをクレア・デインズと、これも魅力的な俳優陣が演じています。

福井映画祭20122012/10/07 00:48:15

今年も12月1〜2日(土〜日)、鯖江市文化センターで福井映画祭2012を開催します。
全国から自主制作映画を募り、映画賽当日に上映する作品を二回の審査を経て選定。
映画祭当日には観客投票によるグランプリや審査員特別賞などを発表します。

一昨年(2010年)の当映画祭で上映された「牛乳王子」の内藤暎亮監督は、次作「先生を流産させる会」が翌年(昨年)のカナザワ映画祭で上映されたのを皮切りに、全国規模で大評判を呼んでいます。同じく2010年の当映画祭で上映された武田真悟監督の「チルドレン」は翌年(昨年)のPFF(ぴあフィルムフェスティバル)で映画ファン賞を受賞しました。
また、昨年の当映画祭で上映された「春夏秋冬ぐるぐる」は昨年度のPFFで準グランプリを取っており、話題作をいち早く観ることの出来る場ともなっています。

このように全国の自主制作映画の話題作、注目作を全国に先駆けいち早く北陸の地で観る事が出来るのが、福井映画祭です。

今年も現在、全国から応募して頂いた作品の中から上映作品を選定中です。
二次審査を通った作品の中には、当映画祭で新たに注目しようとしているもの、既に他の映画祭で評価されているものも含め、当映画祭でしか観ることの難しい、或いは、いち早く上映出来るであろう傑作が揃っています。

今年も日本映画最先端の傑作をいち早くお届けします。

福井映画祭のサイト、順次更新していきます!
http://www.f-eiga.atz.jp/

『この空の花 長岡花火物語』2012/07/01 00:46:31

毎年8月1日に催される長岡花火大会で上げられる花火は、慰霊の花火。
第二次大戦の時、長岡大空襲で雨のように落とされた焼夷弾の中で逃げ回り、焼け死に、殺されて行った人たちへの、
中越地震で亡くなり、傷ついた人たちへの。

長岡の人たちはそのことを学び、感じ、花火大会を続けてきた。

そして東日本大震災が起こった。
長岡の人たちは一時、ひるんだ。今年は花火を自粛すべきではないか、と。
だけど別の声が上がった。
こういう時だからこそ上げるんだ。長岡の花火は慰霊の花火なのだから。
震災の被害に遭った多くの地からも、長岡の花火を上げて欲しい、との声が届いた。
そして8月1日、長岡と同時に被災地、石巻でも花火が上がり、中継で2つの地は結ばれた。

長岡の人たちが学び、感じ、悩んできた多くのこと。
それを映画にして欲しい、と長岡の人たちは大林宣彦監督に願った。

たまたま、友人の誘いで長岡の花火を見た大林監督は、その花火の奥に心を感じていた。
いつか、映画にしたい、と。

そして、長岡の人たちが官も民も一緒に監督の許に来た。
おカネは私たちが何とかします、どうか、映画を撮って下さい。

この映画は、
長岡の人たちが学び、感じ、悩んできたことを、大林監督を始めとするスタッフ、キャストが追体験し、
その記憶をスクリーンに焼き付けた物語、記憶のジャーナリズム。
「過去に生きた大人たちが、未来に生きる子どもたちに伝える」手紙。

福井、テアトルサンクで、6月30日から2週間、上映されます。

大林宣彦監督 ティーチイン模様
https://picasaweb.google.com/110873658303406226818/DSwDDG?authkey=Gv1sRgCNbi3o6FjeH9ew

中島みゆきは天女である2012/06/12 12:04:54

かつて、「山口百恵という菩薩」がいた。
彼女は既に現俗に還り、今は一女性として暮らして久しい。

だが幸いにもまだ、私たちには
「中島みゆきという天女」がいる。

彼女の声は天に通じている。
彼女が歌う時、天から降りてきたその声は、
歌詞のひとつひとつを身に纏い、
私たちの頭上を舞う。

スクリーン越しではあれ、その天女の祝福を受けることの出来る、至福の2時間余。

「歌旅~中島みゆきLIVE 劇場版」
http://www.utatabi-movie.jp/



エンドクレジットが流れても、席を立ってはいけません。

映画「アーティスト」2012/03/30 01:57:39

これは素晴らしいです!
米アカデミー賞作品賞、監督賞など主要5部門受賞も納得。

この映画が素晴らしいからといって、
だから、サイレント映画は素晴らしい、とは言いません。
現代の映画に凡百の作品があるように、
サイレント時代の映画にも凡百の作品があった筈。

けれど、この、トーキーどころかCG、3D全盛の時代にモノクロ、サイレントで勝負するだけあって、この映画はサイレントの長所を見事に活かしています。

例えば、ジョージと、キノフィルム社と契約したペピーが久しぶりに撮影所の階段で出会うシーン。
二人は色々と話をしますが、何を話しているかは当然、分かりません。字幕も出ない。
だけどここで重要なのは何を話しているかではありません。
久しぶりに出会った二人が互いにもっと関わり合いたいと思っていること、二人にとって今は、話す内容よりも二人で話しているということが大事なのだ、ということです。
これが今のトーキー映画だったら、何を話しているかが当然聞こえ、表現されてしまいます。そして、そのことで却って、このシーンで表現されるべきことが曖昧になってしまうのです。

そしてモノクロの美しさ。
鏡越しの二人の笑顔の美しいこと!

この映画は全編、声がないからこその、見せる表現の豊かさ、モノクロシーンの美しさに溢れています。
掛け値無しで面白い!
モノクロだから、サイレントだから、という理由で退屈することがありません。

そして何より、実はこの映画はサイレント映画ではありません。
サイレントという手法を使った、現代の映画なのです。
その意味は、観てのお楽しみです。
カウンター 無料SEO対策激安発見オンラインカジノ激安ショップ