朝日新聞の連載コラム「池上彰の新聞ななめ読み」掲載拒否問題に関して2014/09/05 02:00:58

朝日新聞の連載コラム「池上彰の新聞ななめ読み」。
朝日新聞が8月5、6日に掲載した慰安婦報道検証記事を対象にしたそのコラムの掲載を朝日新聞が拒否した事は、直ぐに過ちを認め撤回したとは言え、朝日新聞にとって大きな汚点となってしまいました。

「従軍慰安婦」などどこの国の軍隊でもやっていたこと、あれは売春婦だった、などと言って、朝日新聞の慰安婦報道を従来から苦々しく思っていた人たちはここぞとばかりに朝日批判を繰り返しています。

ですがそういう人たちは、当の池上彰氏がそのコラムの中で言及している次の一節には、決して触れないでしょう。
なので、ここに紹介しておきます。(以下、池上彰氏の記事を『』で表します)

『朝日の記事が間違っていたからといって、「慰安婦」と呼ばれた女性たちがいたことは事実です。これを今後も報道することは大事なことです。』

(済州島で日本軍が女性たちを強制連行したという)吉田清治氏の証言が虚偽だったからと言って、日本による占領下、日本軍の管理した慰安所で、「慰安婦」として不本意に日に何人もの日本兵の相手をさせられた女性がいた事実は変わりません。
それが慰安婦問題の最も大事な点です。
この吉田氏の虚偽証言に基づいた記事に関して、池上氏はこうも言っています。

『今回の検証特集では、他紙の報道についても触れ、吉田氏の証言は他紙も報じた、挺身隊と慰安婦の混同は他紙もしていたと書いています。問題は朝日の報道の過ちです。他社を引き合いに出すのは潔くありません。』

そう。日本軍が占領地の女性たちを慰安婦としたのが問題なのです。
他国もこれまでの歴史の中で同様のことをやっていたかもしれません。ですがこれは私たちの問題なのです。そして己の問題に向き合ってこそ、他国の行いにも物が言えるのでは無いでしょうか?

『新聞記者は、事実の前で謙虚になるべきです。過ちは潔く認め、謝罪する。これは国と国との関係であっても、新聞記者のモラルとしても、同じことではないでしょうか。』

確かに、今の中国には大いに問題ありです。韓国の姿勢にもやり過ぎの感があります。ですがそれらも元々は、戦後ずっと、我が国の政権中枢の政治家が15年戦争の責任を明言してこなかったこと、政府として何かを表明する度に必ず、政権近辺の政治家がそれに異を唱えてぶち壊してきた、そのことに原因があります。そしてその度合いは近年ますますひどくなっています。

あの戦争は日本軍が中国大陸や東南アジアの国々に行(い)っておこなったのです。その逆ではありません。

日本の占領のおかげで中国にも朝鮮にも鉄道が敷かれ産業が興ったのだという人もいます。ですが、それらはまず第一に自分たちの利益のためだった筈です。それにその立場が逆だったら、日本列島が中国やソ連(当時)に占領され、それでインフラが整えられたとしたら、私たちはそれを、占領してくれてありがとう、と感謝するのでしょうか?

自らの過ちを認めてこそ、今の中国に対して、貴方達は私たちが犯した過ちを繰り返そうとしている、と強く言えるのです。

過ちは潔く認め、謝罪する。その潔さが必要なのであり、その姿勢の上にこそ、矜恃と言うものも生まれるのだと私は思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://i-apple.asablo.jp/blog/2014/09/05/7428584/tb

カウンター 無料SEO対策激安発見オンラインカジノ激安ショップ